高く車を売る為に知っておいた方がお得な豆知識

  • 査定直前にお金が掛かる修理はしない。
  • 車検切れの車でも車体の価値は同じ。
  • ローンの残債は買取査定に影響しない。
  • 税金の還付金は査定額に含まれるのかをしっかりと確認する。
  • 廃車にする車でもお金を払わず処分できる。

ヘコミやキズを修理しても査定額は変わらない?

車を売る時の査定では、ボディのキズやへこみはマイナス査定になります。
しかし、どんなに丁寧に乗っている車でも多少のキズはヘコミは経年によってつくものです。
外装の査定基準はキズやへこみが無い状態なので、新車で購入して全く乗っていない車以外、殆どの車がマイナス査定になります。
査定を少しでも高くするために、キズやへこみの修理を行うことでマイナス査定は少なくなりますが、修理代を考えると決してプラスにはならないでしょう。
細かな傷はコンパウドやワックスで落として、その他のキズはヘコミはそのまま査定を受けた方がよいです。

車検切れの車は売れない?

車検が切れている車でも車検が残っている車でも、車体に関しての査定評価は同じです。
しかし、車検までの残り期間が3ヵ月を切っている車の場合、車検が少ない部分に関しては多少のマイナス評価になります。
全く車検が残っておらず、公道を走行出来ない車でも、買取をしてくれる業者は意外に多いです。
無理に車検を取ってから、買取査定を受けても車検代以上のプラス査定は見込めません。
車検が切れている車でも、現状のまま買取査定を受ける方がよいです。

ローンが残っている車は買取してもらえない?

ローンがまだ残っている車でも、買取で売却可能ですが、ローンの組み方によって手続きに違いが出ます。
車検証の所有者が自分名義になっている場合、そのまま売却して残債を自分で返済する事になります。
所有者がディーラーやローン会社名義の場合、買取してもらう金額でローンを全額返済し所有者を変更しなければ売却出来ません。
ローン残債よりも査定額が高ければ、そのまま返済可能ですが、査定額がローン残債よりいも少ない場合は買取業者などに相談しローンの組み直しなどの手続きが必要になります。
所有者の名義変更が済めば、そのまま売却出来ます。

車を売却すると戻る税金がある

車を所有している期間支払いしている税金は、売却すると還付されるものとそうでないものがあります。
自動車税は残り期間分を月割換算で還付でき、自動車重量税は廃車にして永久抹消した場合のみ還付されます。
買取の場合、中古車として再販するケースがほとんどの為、自動車重量税は基本的に還付されません。
査定を受ける時に、この還付金が含まれての査定額なのか、別途で還付金を支払いしてくれるのかをしっかりと確認しましょう。

事故車や動かない車でも買取してくれる業者がある

事故で車が壊れたままでも、修理費が高すぎるので買い替えを検討するケースは多いですが、修理していない走行が出来ない車でも買取なら引き取り先を見つけられます。
またしばらく車庫で眠っていた、不動車でも買取する業者はいます。
廃車を検討しているなら、お金を払って処分するよりも多少の金額でも手元に残して手放す方が得策です。
事故車や不動車でも、部品をリサイクルしたり、修理して海外へ輸出したりと日本車の需要は沢山あります。

サイトコンテンツ

ページの先頭へ